スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

群発頭痛

カテゴリー: お店の最新情報&健康情報


いったん起こると連日のように続く地震のことを「群発地震」といいますが、それに似て頻繁に起こる頭痛のことを「群発頭痛」と呼んでいます。

<痛みの特徴>
・慢性頭痛の中では最大級の強烈な痛みがある。目の奥がえぐられるような痛みがあり、じっとしていられない
・決まって片側が痛む 特に目の奥が痛い
・持続時間は1~2時間 ある期間毎日のように決まった時間に起こる
・直前に目のかすみ、首のはりなどの前触れがある
・目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状を伴う
・片頭痛は女性が多いのに対し、20~30歳台の男性に多い

<原因>
原因はわかっていませんが、こめかみの血管拡張がおきているためといわれています。また涙や鼻水の症状から自律神経から異常な命令が出ているためともいわれています。
アルコールやニトログリセリンで誘発される場合があります。

<対処>
・群発期を予測して予防薬を飲む
・鎮痛剤を飲む
・100%酸素吸入が有効な場合もある(市販の酸素スプレーでは代用できない)
・群発期はアルコールを避ける




その他の頭痛として「症候性頭痛」と言われる、命にかかわるコワイ頭痛もあります。

なんらかの病気が原因となって起きる頭痛です。なかには脳腫瘍、くも膜下出血や脳梗塞などの脳血管障害などの病気によって起こるものもあります。命にかかわることもありますので、このようなような頭痛の場合はすぐに医療機関を受診することが必要です。慢性頭痛を持っている人は「いつもの頭痛」と思って我慢してしまいがちなので注意しましょう。
副鼻腔炎や髄膜炎、側頭動脈炎など、その他の全身の病気によって起こる頭痛もあります。

Thu 2008 | トラックバック(-) | comment(0)
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。